ご近所で水漏れが発覚したとの連絡があり行って来ました。
今年は特に寒い日もあったので、配管が凍結・破損したのか、
紀美野町近辺は水漏れが多いようです。

今回は、水道使用量が前回検針時と比べ著しく増えていて
水漏れを知らされた、というケース。

近くの水道業者さんとお邪魔して水漏れ箇所を探っていき、
ここやな、という肝心なところで体が入れず確認できなくなったので、
新たに床下点検口を設けさせてもらいました。
IMG_2897_R
私と水道屋さんの体形なら450mm角の点検口で充分かな、と。
IMG_2896_R
このように切り抜いた床板をそのままフタに使えますので、
床を改めて張り替える必要もなく、大がかりな作業はせずに済みます。
「床板が15mm以上あったので枠に納めるのに余分なひと手間」、
「それによって付属の取っ手用ネジでは長さが足りない」、
という、リフォームの床下点検口取り付け時にありがちなパターンにはまりつつも、
水漏れの補修も含め半日程度で完了。

水漏れは水道代がもったいないのもありますが、
箇所によっては材木を濡らし続けて腐朽させたり、
床下を湿気させたりする恐れもありますので
早急に発見・補修する必要があります。

家中の水・お湯の蛇口を全部閉めた上で、
水道メーターのキラキラが動くようでしたら漏れている可能性があります。
ただし、明らかに漏れているのにメーターが回っていない場合でも
排水のほうで漏れていたり、雨漏りしている事も考えられますので、
これまた注意が必要。
いずれにしても漏水の可能性に気づいたら、
建築業者に至急ご相談いただく事をおすすめします。

■■■■■■■最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
本ブログとは別に当店ホームページもございます。
→ http://www.yamashita-woodenarch.com/ です。
施工事例など掲載しておりますので、そちらも是非ご覧ください。
よろしくお願い致します。
   和歌山県海草郡紀美野町吉野234-2             
             山下木造建築店■■■■■■■■■■■■■■■■■■